« さくら | トップページ | スペインとドイツと »

2012年4月 7日 (土)

セレッソ大阪戦

試合終了後のサポーターのブーイングが全てですねdespair

PKは仕方ないにしてもその後の失点は余計でした。

チームに漂う閉塞感をなんとかしないといけませんね。

|

« さくら | トップページ | スペインとドイツと »

コメント

本当に闘う姿勢が見えなかった試合で悔しい。閉塞感を打破する方法は勝利か荒療治か?そろそろ判断する時が近いと思いますよ。

投稿: やす | 2012年4月 7日 (土) 21時21分

悔しいを通り越して、正直かなり絶望しています…。特にセルジオソアレス監督の会見のショックが抜けません。
完全に研究されている。
これが他チームに伝わっていったなら…今の路線のままでは攻略され続けてズブズブ落ちていくだけ。
あまり言いたくはありませんが、もっと戦略家な人を上に据えないと…と、そう思い始めてます。

投稿: aki | 2012年4月 7日 (土) 23時12分

なんか、あまり先に希望が持てませんね…。
このままでいいんでしょうか?
監督も必死にやってるんでしょうが、淡々としすぎてるような気もします。

信じて応援するしかない事はわかってますが、わかっていてももどかしい週末です(;_;)

投稿: けん | 2012年4月 8日 (日) 11時15分

>やすさん
先制されるとズルズルと失点を重ねてしまう、前半と後半でガラリとサッカーが変わってしまう・・
このあたりの原因をしっかり分析して答えを出さないと、目標達成どころかまた残留争いに巻き込まれてしまいますね。
クラブが成長する姿をサポーターには見せてほしいと思います。

投稿: | 2012年4月11日 (水) 00時13分

>akiさん
相手に弱点を分析されて狙われるのはよくあることですが、毎試合修正できずにやられてしまうのは問題ですね。
今年は「やれる」と思えるメンバーが揃っているだけになおさらもどかしいところです。
もう少し戦い方に「柔軟性」が出るといいなと思うのですが・・

投稿: | 2012年4月11日 (水) 00時22分

>けんさん
もちろん監督も選手も必死にやっているんでしょうが、結果が出ない、あるいは見ている人に伝わらないのでは意味がないですよね。
信じて応援するサポーターに「応援したいと思わせる何か」を見せてほしいと思います。

投稿: | 2012年4月11日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471523/44792154

この記事へのトラックバック一覧です: セレッソ大阪戦:

« さくら | トップページ | スペインとドイツと »