« EURO2012その10 | トップページ | 帰国&3週間ぶり »

2012年6月20日 (水)

EURO2012その11

とうとう最後の試合も終わりましたweep

1340195906418.jpg

イブラヒモビッチがこれでウクライナを去る自分にスーパーボレーのプレゼントをくれましたhappy02

決勝トーナメントは日本で楽しみたいと思いますnote


ちなみにキエフ・リヴィフ班で開催されていたボルシチ選手権2012はオペラホテルとの延長戦を制したジャストカフェが優勝を飾りましたhappy01

1340195914369.jpg

1340195919675.jpg

では、帰国しますpaper

|

« EURO2012その10 | トップページ | 帰国&3週間ぶり »

コメント

素晴らしい実況ありがとうございました。イブラのボレ-しびれました。ミランでは見ることができないリ-ダ-シップと優しさにあふれたプレ-を堪能できました。今夜は、我らがCR7です。気合い入れて応援します!それでは東京でのスタジオ実況楽しみにしてます!

投稿: Hamadrid | 2012年6月21日 (木) 08時48分

サッカーとボルシチを満喫した
充実した取材 お疲れ様でした

スウェーデン
最後の試合でズラタンとラーションの見事なゴールでようやく勝ち点3をゲット
中継を見ていて
スウェーデンのイレブンが清々しい表情に感じられましたね

さて そんな試合の裏で行われた
ドンバスアレーナの
イングランド‐ウクライナ戦では
ハンガリーの審判のミスジャッジが問題となってしまいました

やはりゴール判定技術を導入する必要があると 全世界のメディアで話題になっていますね

この試合 イングランドが勝ったことは
望み通りになったわけですが
ゴールを認められなかったウクライナにも
同情したい気持ちは勿論ありますね

泰三さんは ゴール判定技術の導入については どのような考えを御持ちでしょうか?

7月中にもFIFAの理事会が行われるようですが
今回の出来事により ゴール判定方法にも変化が表れるものと思いますね

以前からこのブログでも話し合いましたが
泰三さん担当試合は 素晴らしい試合が多くて 今回のEUROも見応えの多い満足できる試合が担当できたかと思われます

決勝ラウンドは東京から見守るそうですが
最後まで欧州の熱い闘いに注目していきたいと思います

現地取材 本当にお疲れ様でした

投稿: ペルナンプか~のう | 2012年6月21日 (木) 13時13分

>Hamadridさん
敗退が決まっていたスウェーデンが最後に意地を見せましたね。
キャプテン・イブラのボレー最高でした。
ロナウドも調子が上がってきましたね〜。
ポルトガルもロナウドに依存し過ぎなところが心配ですが、スペインかフランスと対戦する準決勝も楽しみです。

投稿: | 2012年6月22日 (金) 09時07分

>ペルナンプか〜のうさん
予備審判を置いていてもやはり人間ですからこういった問題は出てきてしまいますね。
個人的にはシュートがラインを割ったかどうかのみ、1試合に1度だけビデオ判定できるというシステムは導入すればいいと思ってます。
テクノロジー導入という話もありますが、テニスを見ていてもラインを超えたかどうかの機械判定に疑問を持つことが多いので、今の技術では難しいかなと思います。

投稿: | 2012年6月22日 (金) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/471523/45730484

この記事へのトラックバック一覧です: EURO2012その11:

« EURO2012その10 | トップページ | 帰国&3週間ぶり »